麗ビューティー皮フ科クリニックは患者様の症状に合わせて、美肌への最適プランをご提供いたします。

  • 営業時間・電話番号
  • お問い合わせ
  • ご予約
  • まぶたのたるみの治療

    まぶたのたるみが気になる、そんなご相談も多いです。

     

     

    顔を糸で引っ張ったらまぶたがスッキリしますか?という質問もよくありますが、

    どこまでの変化が欲しいかにもよりますが、目元は目元で考えてください。

     

    まぶたのたるみを改善する方法は、

     

    ①切りたくない、ダウンタイムが短いのがいい → 二重埋没法で二重幅を広げてたるみをすっきり見せる

     

     

    ②二重になりたくてたるみを取りたくて腫れてもいい → 二重全切開をして二重幅も少し変えたり変えなかったりしつつたるみは少しだけとる

     

     

    ③目元の印象を変えたくないのが最優先でダウンタイムは大丈夫 → 眉毛の下でたるみとりをする

     

     

    もちろんこれらは手術の類なので、これらも無理ーな人は、レーザーなどで少しずつ、変化は大きくはないけど改善させていくことが可能です。

     

    ①二重埋没法は
    切りたくない、ダウンタイムがあまり取れない、人にオススメですが、埋没法はとれるかもしれない、広い幅で留めると不自然だったり、皮膚の厚いところで二重の折り返しができるので厚ぼったく見える、などのデメリットもあります。

     

    ②二重全切開たるみとりは
    広い幅でたるみを取ると、まつ毛に近い薄い皮膚と眉毛に近い厚い皮膚が縫い合わさるので不自然になりやすいというデメリットがあるのでたくさんの皮フ切除はできませんが、一重の人が二重になる、奥二重の人がぱっちり二重になる、切除した分はたるみはスッキリする、一緒に眼窩脂肪とりや眼瞼下垂症手術ができる、などのメリットがあります。

     

    ③眉下切開たるみとりは、目元の印象を大きく変えずにたるみをがっつり切除することが可能というメリットがありますが、眉毛の下にしばらく赤い傷痕ができます。
    最終は目立たなくなるのでデメリットと呼ばないかも。
    一重の人は一重のまま、たるみをすっきりできます。
    自分のオリジナルの目にかぶってきた老化のたるみ分をすっきりできるので、昔の自分に戻るような手術です。
    厚みのあるまぶたの人はこちらがオススメです。

     

     

    参考になさってくださいね。

    たるみ治療 / 2020年8月29日 土曜日

最新の記事

テーマ

今までの記事