麗ビューティー皮フ科クリニックは患者様の症状に合わせて、美肌への最適プランをご提供いたします。

  • 営業時間・電話番号
  • お問い合わせ
  • ご予約
  • エンビロン フォーカスエヴァネッセントプラス

    さて、先日お披露目となった、2月発売のエンビロン史上初の美白シリーズ、フォーカスエヴァネッセントプラスについてご紹介します。

     

     

    まず、デス先生のお言葉として、
    『シミは、最もケアが難しい悩みの1つ、対処すべき要因が非常に多くあり、魔法の成分1つで全てを解決することはできません。』

     

     

    そうなんです。

    シミってほんと難しい。ピコレーザーで目立つシミ全部取っても、残る色むらには薬剤の力が必要で、さらにその維持には適切なスキンケアが必須です。
    (全員にそこまでしっかり全てケアできないのが残念。今の課題です。)

     

    話がそれましたが、デス先生は美白にいい成分を世界中を探して探して探して、色々なテストをして、約25年かけてこの製品を作られました。
    日本の成分もいくつか入っています。

     

    全ての素晴らしい成分を1つの美容液に入れることは不可能だったので、ローションとセラム2本という形になりました。
    これは効果を上げるためには致し方なかったのです。
    ただそれにより、シミの原因の6つのルート全てにアプローチすることができました。

    12種類のブライトニング成分を贅沢に配合し、デス先生は13種類と仰いますが、そこにはもちろんビタミンAが含まれるからなのです。
    (このシリーズには入っていませんので、普段のAケア必須です)

    2つの美容液の使い分けで、スポットケア、面ケア、今のシミ、未来のシミ、すべてにアプローチが可能です。

    ルーセントプレップローション 60ml 8000円 には、セピホワイト、ナイアシンアミド、α-アルブチンが含まれます。

    ルーセントブライトセラム Ⅰ&Ⅱ 30ml×2 14000円 はセット販売で、2本をカクテルして使用。
    Ⅰには、バイオベネフィティ、プリンセスケア、乳酸、ナイアシンアミドが含まれ、Ⅱには、アルビニアホワイト、クレアージュ、パンテノール、ニーム葉エキス、サクラ葉エキス、ハニープッシュ葉エキスが含まれます。

    日々のビタミンAケアにプラスして使用するわけですが、全部足すのか?どれかだけでいいのか?

    それぞれのアイテムには美白のキー成分が、

    ローション 3
    セラムⅠ&Ⅱ 10
    全部使い 12

    という数で含まれるため、

    ローションのみ   予防美白
    セラムの2本のみ   集中美白
    全部使い      徹底美白

    のイメージでお使いいただくと良いです。

    シミがある部分だけにセラムを使うこともできるし、
    その上からDFモバイルをかけるとより効果的です。

    DFモバイルって超音波導入できるので、同じポイントに15秒動かさないの知ってますか?

    1つのところで15秒、となりに移動して15秒と使いますが、

    シミの部分にセラムを塗って、なんなら2分くらいじーっとあてるととても効くという!!!
    すごい効果ありそう。

    また、コスメティックロールキットは、エンビロン製品の浸透、効果を100倍にします。
    みんなに使ってほしい。

     

     

    また副作用は全くありません。
    基礎化粧品です。

    しっかりとシミを改善していく薬剤は短期使用のものが多いです。
    ハイドロキノンは長期使用でオクロノーシスなどの副作用がでることもあり、短期使用をオススメしています。

    しかしこれらは基礎化粧品としていつまでもずっとずっと使用することができます。

    『シミは未然に防ぐことがもっとも大切です。』

    ビタミンAで紫外線に強い肌を作り、これらでメラニンの生成を抑える。
    できてしまったら目立つものはレーザーで取るのもあり、でもそのあとはスキンケアで色むら取りと再発予防が必須です。

    予防は治療に勝る。

    美は1日にしてならず。

    人生100年時代、きれいで可愛いおばあちゃんになりましょう。

    美白ラインの発売は2月1日です。

     

    DFモバイル、コスメティックロールキットは麗ビューティーオンラインショップでどうぞ

     

    https://rei-shop.com/

    しみ治療 / 2019年10月28日 月曜日

最新の記事

テーマ

今までの記事