麗ビューティー皮フ科クリニックは患者様の症状に合わせて、美肌への最適プランをご提供いたします。

  • 営業時間・電話番号
  • お問い合わせ
  • ご予約
  • プラセンタ飲むならピュアプラセンタDR

    日本人の胎盤から作られている、ヒト胎盤サプリ ピュアプラセンタDR

     

     

    導入からずっと大人気で、何より体感があって疲労や体調不良、アレルギーなどとても良くなった、というお声をたくさんいただきます。

     

    プラセンタには、美白、美肌、疲労、抗アレルギー、アンチエイジング、肩凝り、挙げれないくらい様々な効果があることはみなさんもご存知だと思います。
    私も疲れた時や二日酔いのときは、ラエンネック注射を、自己注射でレスキューしています。(笑)

     

    当院では、ラエンネックp.oという内服のヒト胎盤サプリを販売していましたが、あまりにも原価が高騰し、採用を見合わせ、メルスモンカプセルの内服を患者様におすすめしていました。

     

    メルスモンカプセルは、豚の胎盤から作られており、人でも豚でも、生理活性物質が効果的に抽出されてさえいれば問題ないのですが、
    やはりヒト胎盤のほうが患者様は他のプラセンタサプリとの差別化を感じられるようで、メルスモンカプセルはとてもいいものなのに、正直あまり売れていませんでした。(笑)

     

    そこで、このヒト胎盤サプリ、ピュアプラセンタDRの登場です。

    なんとこのサプリは1g中サイトカイン分析 単位pg において

     

    ・EGFは ラエンネックpoの45倍
    ・FGFは 4.9倍
    ・HGFは 8.8倍

     

    の量を含有しているそうで。
    今までの内服ヒトプラセンタサプリよりもはるかに効果的である可能性が高いです!!

     

    さらには、いただいている資料では、内服の吸収率を考慮しても、ラエンネック注射(1A)よりもサイトカイン量が多いようです。
    (サイトカインの種類によりますが)

     

    注射ってやっぱり痛いし、通わずに、痛くなく、効果が出るなんて…こんないいものあるんですか!!といった商品です。

     

    注射薬はヒトのプラセンタから、安全に抽出された歴史あるもので、メルスモン、と、ラエンネック2種類存在します。

    メルスモンの注射は皮下注射で、2アンプルで200mgです。
    ラエンネックの注射は2アンプルで224mg。

     

    ピュアプラセンタDRは、1カプセルが350mgで毎日4カプセル内服すると、1400mgですが、内服の吸収率が17%で、注射薬でいうと238mgの効果があります。
    毎日4カプセル内服すると1週間に2アンプルを定期的に注射しているのと同等の効果があります。

     

    注射だとやはり1回2アンプルおススメなのでこの感じになりますが、もちろん2カプセル内服で1週間に1アンプルと同等です。
    サイトカイン量が多いようなので、この計算よりも少ない量で効果を感じる可能性も高いと思います。

     

    日本胎盤臨床医学会では、毎日継続することで注射以上の効果が期待できることも報告されています。
    注射に通うのが面倒、痛いのが嫌、などの方にも、安全で効果的に、プラセンタを摂取していただけます。

     

    巷で流通しているプラセンタドリンクなどは、生理活性が保たれて抽出できているかは確かではなく、また含有量なども過大表記されていることが多いです。

     

    クリニックに届いた他製品のチラシにも、プラセンタ300000mg配合!などと記載されたプラセンタドリンクがあり、30万mgということは300gということで、それってプラセンタの重さの話ですか?という感じがしてしまいます。

     

    生理活性のあるプラセンタエキスとして何mg含まれているのか、
    過大表記されているのかどうか、まったく信用できないものがたくさんあり、安心安全なものを服用したい、と思いますね。

     

    ピュアプラセンタDRは、100カプセルで17000円です。

     

    体調に合わせて、ご自身で増減されるのは良いと思います。
    どうせ飲むなら、確かな効果をしっかりと研究された、安心安全なものがいいですね。

     

    こちらはオンラインショップに掲載ございません。

     

    お問い合わせ下さい。

     

    clinic@rei-beauty.com

     

    アンチエイジング / 2019年11月24日 日曜日

最新の記事

テーマ

今までの記事