麗ビューティー皮フ科クリニックは患者様の症状に合わせて、美肌への最適プランをご提供いたします。

  • 営業時間・電話番号
  • お問い合わせ
  • ご予約
  • ZO高濃度レチノール(アクティブビタミンA)シリーズについて語る

    先日、ゼオスキン の新製品、スキンブライセラム0.25が発売になった記事を書きました。

    アクティブビタミンAシリーズはこれにより、

     

    スキンブライセラム0.25
    スキンブライセラム0.5
    ダブルテクスチャーリペア(レチノールは0.5)
    ARナイトリペア(レチノールは1.0)

     

    のラインナップとなりましたが

    えーっ、そんなんどれを使えばいいのー?!という感じになりますね。

     

     

    スキンブライセラム

     

    しみやくすみを防ぐ力をサポートし、肌の色調を整えキープする美容クリーム。「レチノール」と「アスコルビルグルコシド」を配合し、明るく透明感のある肌へと導きます。
    つまり、美白用のアグレッシブなメンテナンスの製品ですが、オレオソーム化されていることにより、肌にゆっくりと留まり効果的に安定して届くのです。

     

    ダブルテクスチャーリペア

     

    マイクロエマルジョン化したレチノールがハリのある肌に導き、肌の代謝する力をサポートし、肌質を整えます。肌に十分な水分を取り戻し、自然な肌のバリア機能を目指します。
    ダブルはWrinkleのWで、しわ という意味ですから、肌質改善、凹凸のない滑らかな肌に導くためのレチノール0.5%のクリームです。
    サイトから抜粋しますと、
    シワや肌触りを回復させるクリームとして、顔の細いシワや線の発生を抑えつつ、肌のきめ・肌のハリ・肌の色合いを目に見える形で改善させる働きをサポートします。

     

    ・肌の余分な線やシワを減らすのに役立ちます。
    ・より均一な肌色をサポートします。
    ・抗酸化成分および抗刺激成分を充分に提供します。
    ・肌を健康的にリフレッシュさせます。

     

    高濃度ビタミンAが 表皮および真皮の刺激と再生に役立ちます。
    加水分解セリシンが ヒアルロン酸とコラーゲン産生をアップレギュレートします。
    ブロッコリー抽出物(Brassica oleracea italica ブロッコリー)およびヒマワリ種子油(helianthus annuus)が 刺激の低減性を提供します。
    フサフジウツギ(Buddleja 幹細胞)が 抗刺激効果を持つ強力な抗酸化剤となります。
    βグルカンが DNA の保護に作用します。
    ビタミンCとEが 抗酸化成分として肌の保護作用を提供します。

     

    ARナイトリペア

     

    肌のハリと代謝、くすみにアプローチし、ストレスに負けない肌へ導きます。
    ハリと美白、両方いけるレチノール1.0配合の美容液なのです。
    こちらもオレオソーム化されており、またビタミンC、 ローズマリー葉エキスを配合し、 明るく透明感のあるお肌に。 ZO独自の成分「ZO-RRS」を配合し、将来的な皮膚ダメージからお肌を守ります。
    *ZO-RRSは、ハーブの一種であるニガハッカと高山植物エーデルワイス由来の植物幹細胞複合成分として、皮膚のコンディショニングとして使われます。

     

    それぞれの製品を比較してみます。

     

     

    ARナイトリペアだけ、明らかに質感が違いますね。

     

    あとの3つは、トレチノインと同じにおいがします。
    スキンブライセラムは黄色味が強いですね。

     

    説明をまとめると、スキンブライセラムが美白でダブルテクスチャーリペアが肌質でARナイトリペアが両方、となれば、ARナイトリペアでいい!って思っちゃいますよね?

     

    実は、説明文に出てくる、オレオソーム化、マイクロエマルジョン化というのも選ぶポイントで、
    オレオソーム化されていると、肌にゆっくりと留まり効果的に安定して届くので、A反応がゆっくりと現れてじわじわと続く可能性が高いのです。
    塗っても反応起こらず、あれ?いけるかも、と調子に乗って連日使用すると、後になって強く反応がくるパターンです。笑

     

    マイクロエマルジョン化されていると、微細に粒子化されているため主成分を皮膚の奥深くへ浸透させ、素早く放出させることができるので、素早く反応してコントロールしやすい!

     

    ダブルテクスチャーリペアだけがマイクロエマルジョン化されていて、セラピューティックで使うトレチノインと1番似ているので、
    トレチノインを使ったことのある方は分かると思いますが、塗って数日で皮むけが起こったりどれくらいの期間で剥け終わるのかなどがコントロールしやすいのです。

     

    なんだか次はダブルテクスチャーリペアが欲しくなってきますよね?笑

     

    ARナイトリペアは塗ってから2週間後に剥けた、などと患者さまに言われることがあり、剥けのコントロールが難しいな、と感じることもありますが、
    使用感や実感だけでいうと私は1番好きです。

     

    ただ濃度も1番高いだけあって、トレチノインよりもズルズルに剥けてるスタッフも数名、ズル剥け大好きな人は楽しいですが、反応を出したくない人には難しいかもしれません。

     

    そんな反応を出したくない人のためのアイテムがスキンブライセラム0.25でしょうか。

     

     

    まとめると

     

    ・剥けてもいい人、攻めるの好きで効果重視の方はARナイトリペアで攻める
    ・結構予定もあるしムケが出る期間とかも自分である程度コントロールしたい人はダブルテクスチャーリペア
    ・敏感肌など肌は強くないし少しずつビタミンAに慣らしていく場合はスキンブライセラム0.25からスタートのいけそうならその後0.5に上がる

     

    という感じでしょうか。

     

    効果的にいうと

     

    ・美白したくて剥けてもいい人はAR
    ・マイルドにいく人はスキンブライセラム0.25
    ・肌質改善でガンガン剥けてもいい人はARナイトリペア
    ・コントロールしやすい方がいい人はダブルテクスチャリペア

     

    というイメージです。

     

    今日のブログは長くなりましたが、あくまで私の理解の範囲での私のおすすめですので、主治医の先生の方針に従ってくださいね。

     

    しみ治療 / 2019年5月11日 土曜日

最新の記事

テーマ

今までの記事