小陰唇縮小術

小陰唇縮小術

小陰唇(しょういんしん)は、膣の両脇にあるヒダ状の部分のことを指し、大陰唇の内側にあります。

小陰唇は、

・大きさが大きい
・大きさや形に左右差がある
・色が黒い
・こすれて刺激感や痛みがある

などの悩みがあります。

小陰唇縮小手術は、女性器の形成手術で一番多い手術です。
こういった悩みに対し、大きさや形を整えていきます。

局所麻酔でできる手術になりますが、麻酔時の痛みが怖いという方は静脈麻酔の併用も可能です。
デザイン後、局所麻酔をし、色の黒い部分や大きな部分を切除して形を整え、丁寧に縫合します。
小陰唇の傷跡は、最終的にはほとんど目立たないものとなります。
通常は7日間で抜糸を行いますが、溶ける糸で縫合しますので、抜糸の通院が不可能の場合も心配ありません。
当日からシャワーも可能です。

女性医師が執刀し、全ての処置も女性スタッフのみで行いますので、ご安心ください。

リスク・副作用

術後しばらくは、患部の硬さ、感覚低下などの違和感を感じる場合があります。

小陰唇縮小術の料金表

施術法 価格
小陰唇縮小術 ¥240,000
膣縮小術 紹介

ページトップに戻る