脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪細胞は、成長期を終えるともう細胞の数は減りません。
太ったり痩せたりは、脂肪の数ではなく、1個1個の脂肪細胞の大きさが変化するのです。 一般的なダイエットなどでは、脂肪細胞の大きさを小さくすることは可能ですが、脂肪細胞の数自体を減らすことはできません。

脂肪溶解注射(メソセラピー)は、脂肪細胞の数を減らすことができます。
脂肪細胞の数自体が減少するので、リバウンドのリスクが極めて少ない、効果的な部分痩せが可能なのです。

脂肪溶解

ただ、脂肪吸引などの手術とは違うので、1回でというのではなく、回数をかけて少しずつ部分痩せをしていきます。

そのため周りに気づかれずにこっそり痩身できるのもメリットの1つです。

部分痩せ

1回でできるのが手のひら2枚分(両手分)ほどの面積となります。

薬剤の代謝の関係で、その面積分の薬剤を使用した後は、最低1週間間隔をあけて、次の回となります。

脂肪細胞を破壊し溶解するフォスファチジルコリン、溶解後の脂肪の燃焼を助けるL-カルニチン、筋肉量をアップさせて代謝をあげるIGF-1などが含まれています。

溶け出した脂肪は血管やリンパ管を通り、代謝され、汗や尿などと一緒に体外に排出されます。

当院の脂肪溶解注射は、ほとんど腫れや痛みが出ませんが、注射による内出血は一時的に出る可能性があります。1~2週間で消失します。

施術部位のマッサージ、通常の食事制限や運動療法などのダイエットを併用していただくと、施術部位により効果的です。

ダイエットピルやトレーニングシステム、漢方療法なども合わせてご紹介します。

ドクターに相談してみる
カウンセリングを予約する

▲このページのトップへ戻る

診療メニュー
お悩み別メニュー

目もと・二重
しわ・たるみ
輪郭
しみ・くすみ
肝斑
アンチエイジング
にきび・にきび跡・毛穴
赤ら顔・血管腫
ほくろ・イボ
しわ・たるみ
アートメイク
Tatoo・アートメイク除去・アザ
ボディー
痩身治療
豊胸・バスト
女性器
わきが・多汗症
その他
その他
脱毛
点滴BAR
ドクターズコスメ
花粉症ボトックス
プチ整形(注入治療)
薄毛治療
処方・その他

キャンペーン実施中

麗ビューティーエステ

麗ビューティーオンラインショッピング

居原田麗院長ブログ

増田陽子ブログ

スタッフブログ