アクアフィリング

アクアフィリングとは

アクアフィリングは専用の注入剤を胸に注入し、バストの大きさや形をプチ整形感覚で整えることのできる豊胸術です。
今までは、ヒアルロン酸や脂肪注入などが主な注入剤でしたが、アクアフィリングは製材の98%が水分で出来ており、弾力がありプニプニと柔らかい感触が特徴です。
持続効果も非常に高く、およそ3~5年ほどと言われています。

見た目も感触もよりナチュラルに!  アクアフィリングの特徴

【とにかくナチュラルで柔らかい仕上がり】

アクアフィリングの特徴はとにかく柔らかな質感に仕上がること。製材は98%の水分と2%のポリアミドという成分で構成されています。
体内組織となじみがよく、代表的な豊胸術である脂肪注入のような拒絶反応が起こることはほとんどありません。
万が一、注入後に取り出したくなっても、生理食塩水を加えることで製材の粘性が下がるので簡単に対外に排出することができます。

【臨床研究で得た高い安全性】

アクアフィリングは長い臨床研究を経て、その安全性が確認されています。
妊娠中および授乳婦の安全性のための厳格な試験をクリアすることが必要な欧州CEマーク許可も受けており、アクアフィリングの注入後でも授乳が可能です。

【長い持続効果】

アクアフィリングは水とポリアミドを結び付けている水素結合が、体内でゆっくりと分解されることで徐々にや薬剤が減少し、最終的にポリアミドは体外に排出されます。
この一連の流れは約3~5年ほどかけてゆっくりと行われるため、効果の持続期間が長いのが特徴です。

世界標準規格であるISO-13485

安心の「CEマーク」取得製材

アクアリフトは、欧州連合(EU)で安全基準条件を満たすことを証明する欧州の「CEマーク」認可を2009年に受けています。
世界標準規格であるISO-13485を取得している高品質な薬剤です。

こんな方におすすめ

  • 手術せずにバストアップしたい
  • 人に気づかれたくない
  • できるだけ柔らかい仕上がりにしたい
  • 体に負担のかからない施術にしたい
  • ナチュラルな仕上がりにこだわりたい
  • 2カップくらいはボリュームアップしたい

「アクアリフト」と「アクアフィリング」の違い

「アクアフィリング」と同じく豊胸術の一つとして「アクアリフト」というものが存在します。この「アクアリフト」は「アクアフィリング」の先発製品で、その内容は全くと言っていいほど変わりません。
当院では、「アクアフィリング」と「アクアリフト」の両方を取り揃えております。
製剤についてはカウンセリング時に詳細をご説明し、ご希望に合わせて決定致します。

アクアリフト    アクアフィリング

リスク・副作用

手術後、胸の張り感はありますが、1ヶ月程度でサイズはほぼ定着します。
手術後の内出血や腫れは2週間程度で落ち着いてきます。

アクアフィリングの料金表

施術法 容量 価格
アクアリフト 100g ¥400,000
200g ¥700,000
300g ¥950,000
アクアフィリング 100g ¥450,000
200g ¥800,000
300g ¥1,100,000

ページトップに戻る