緊急避妊・アフターピル処方

当院では、特別休診日でない限り土日祝日でも処方しております

緊急避妊・アフターピル処方とは

アフターピルは、避妊を失敗した時など望まない妊娠を避ける為に緊急措置として行う避妊方法です。
ホルモン避妊薬を服用することで、妊娠を回避する事が出来る方法です。排卵と受精卵の着床の両方を抑制する薬なので、受精後でも効果があります。
性行為後72時間以内の服用が必要となります。処方をご希望される方はお気軽にお問い合わせください。

アフターピルについて

当院では、2種類のアフターピルをご用意しています。

ノルレボ錠
レボノルゲストレルという避妊薬を摂取する方法です。レボノルゲストレルは、妊娠に似た状態を作り排卵を妨いだり遅らせることで妊娠を防ぎます。性行為後、72時間以内にできるだけ速やかに摂取します。以前行われていた「ヤッペ法」という緊急避妊より、吐き気などの副作用が少なく、避妊効果も高いといわれています。また、避妊効果は早く服用すればより高い効果を得ることができます。

ウリプリスタル酢酸エステル/エラ(ella)
ウリプリスタル酢酸エステルという成分を使用したアフターピルです。避妊効果は他のアフターピルよりも高く、性行為後0~120時間に服用した場合の妊娠阻止率は95%です。 ウリプリスタル酢酸エステル(黄体ホルモン受容体調節剤)を使用した緊急避妊法は日本ではまだ認可されていませんが、海外では一般的なアフターピルとして使用され、安全性や効果が保証されています。

妊娠阻止率 妊娠率
規則的に月経がある人 - 5%
(中間期は20~30%)
レボノルゲストレル服用 85% 2~3%
ウリプリスタール酢酸エステル服用 95% 1.5%

リスク・副作用

アフターピルの服用は100%妊娠しないというものではありません。
また、服用により気分不快、嘔吐、不正出血、頭痛、めまい、疲労感、乳房緊満などを感じることがありますが、いずれも重篤な症状ではありません。
当院で処方する「ノルレボ錠」「ウリプリスタル酢酸エステル/エラ(ella)」では、副作用に大きな差は認められていません。

この治療は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。
個人輸入において注意すべき医薬品等について詳しくはこちらをご覧ください。

料金表

種類 数量 価格
ノルレボ錠
(レボノルゲストレル)
1錠 ¥12,000
エラ(ella)
(ウリプリスタル酢酸エステル)
1錠 ¥12,000

ページトップに戻る