CTC検査(循環腫瘍細胞検査)

当院では、特別休診日でない限り土日祝日でも診察しております

CTC検査(循環腫瘍細胞検査)

血液中を循環しているがん細胞はCTC(循環腫瘍細胞)と呼ばれています。
体内にあるがんの大きさが1.5㎜程度になると、がん細胞は栄養や酸素を求めて血管内へと浸潤し、血液中を循環し始めます。この血中内のCTC(循環がん細胞)の数を測定し、超早期のがんの判定や、がんの特徴や進行状態の把握、治療の有用性を確認するなど、様々ながん治療に役立ちます。

当院では、採取した血液(1回の採血で20cc)で検査を行います。検査機関はがん幹細胞と循環腫瘍細胞の分析におけるリーディングカンパニーであるR.G.C.C.インターナショナル社(ギリシャ)です。
判定には3~4週間程度かかります。
検査をご希望される方はお気軽にお問い合わせください。

CTC検査(循環腫瘍細胞検査)でできること

【超早期のがん判定】

今までのがん検査は、CTやエコー等で判別することがほとんどですが、これらの検査ではがんの大きさが1㎝を超えないと判別できないことが多いですが、CTC検査の場合、がん細胞の大きさが1.5㎜を超えると検出されるため、従来よりも格段に早期のがんを判定することができます。


【病状の進行状態】

血液から採取されたCTC(循環腫瘍細胞)の数を測定し、遺伝子解析することで、がん細胞の特徴や進行状態を把握し、早い段階での対策や治療方針を決定するのに役立ちます。


【治療効果の判定】

科学療法を開始するにあたり、事前に血液中のCTC数を確認することで、積極的な治療の必要性の有無などを判断することができます。また、科学療法開始後に、さらに血液中のCTC数を確認することで、期待された効果が得られているか評価することができます。 それ以外にも有用な代替医療(高濃度ビタミンC点滴・αリポ酸)やサプリメント・栄養素などが、がんに有効なのかを判別することができます。

こんな方にオススメ

  • 現在受けているがん治療が自分に合っているのか知りたい
  • 自分のがんに合った治療方法が知りたい
  • がんの再発を予防したい
  • 以前がん治療をしたが、現在は行っていない

CTC検査(循環腫瘍細胞検査)の種類

【ONCOCOUNT(オンコカウント)】 治療開始後のフォロー検査

治療後のCTCの血算・施術のフォロー。循環腫瘍細胞の存在の有無と、その濃度についてのみ情報を提供。再発を早期に検出し、治療が効果を出しているか検査しフォローアップのために用いるもの。
※検査結果は、クリニックからの発送後、約2~3週間後に報告されます。


【ONCOTRACE(オンコトレース)検査】 治療開始後のフォロー検査

血中循環細胞の分離と同定、その濃度についての報告。さらに、循環幹細胞(CSC)のマーカーを含むので、単なる数値だけではなく、幹細胞化しているがんの危険度も検査できる。
※検査結果は、クリニックからの発送後、約2~3週間後に報告されます。


【ONCONOMICS Plus(オンコノミックス プラス)】 CTC、CSCへの総合検査

CTC+遺伝子解析に加えて、抗がん剤感受性を調べます。CTCに抗がん剤を投与し反応を見ることで、抗がん剤への感受性が分かるため、効果が期待できる抗がん剤などを知ることができます。また、薬剤への抵抗性を示すマーカーも調べることができます。
がん発症のリスクや再発のリスク、治療についての様々な情報を得ることができる、総合的な検査です。
この検査では
・抗がん剤(約50種類)について
・分子様的薬(44種類)について
・RGCCが行う天然成分(約50種類)について
の詳細を調べることができます。また、追加成分5種類までの検査は無料で行うことができます。

リスク・副作用

血管穿刺部位の痛みや内出血が起こる場合がありますが1~2週間程度で治まります。

この治療は、一部国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。
個人輸入において注意すべき医薬品等について詳しくはこちらをご覧ください。

料金表

種類 回数 価格
オンコカウント 1回 ¥150,000
オンコトレース 1回 ¥200,000
オンコノミクスプラス 1回 ¥550,000

ページトップに戻る