ピアス

当院では、耳たぶ、耳の軟骨(ヘリックス、トラガスなど)、へそのピアス穴あけを行っています。
ご自身で穴を開ける、不衛生な環境でピアスを開けるなど、アフターケアを適切に行わないと、穴が曲がってしまったり感染などのトラブルが起きやすくなりますので、医療機関での穴あけをおすすめしています。
穴あけ後の消毒方法もしっかり指導します。
万が一、トラブルが起きた場合は早めの処置が大切ですので、すぐにご連絡ください。

ピアス(耳たぶ)

トラガス・へリックス

ピアスの穴あけは、ピアスを開ける位置や角度、穴の開け方によって仕上がりに差がでます。一度開けたピアスは長年大事に使っていくものなので、きちんと開けたいですよね。 当院では、事前のカウンセリングで穴あけの位置をしっかり確認し、医療器具を使用した衛生的な環境で穴あけを行っています。 ファーストピアスはアレルギーフリーのチタンまたは医療用ステンレス素材をご用意しています。 様々な色や種類からお選びいただけます。

【耳たぶピアスの開け方】

ピアスガンを使用して穴を開けます。
穴を開ける際は、衝撃を感じることはありますが一瞬で終了し、痛みや出血もほとんどありません。
その後、消毒などを行い終了となります。

【耳たぶピアスの注意点】

■耳たぶピアスの穴あけの場合、表面麻酔や局所麻酔などを使用すると、腫れ・むくみが生じて希望の位置からずれる可能性がありますので基本的に麻酔は行っておりません。

■ピアスは耳たぶに対して垂直に穴をあけます。耳の形や向いている方向によってはピアスが見えにくくなる可能性があります。

■ピアスホールが定着する期間は1~2か月程度が目安ですが、完全に定着するまでには個人差があります。ピアスホールが定着するまでファーストピアスは外さないでください。また、定着した後でもピアスを長期間外したままにするとピアスホールが狭くなったり、ふさがってしまうこともありますので、ピアスの交換はなるべく時間を置かずに素早く行ってください。

■小さすぎるピアスを装着すると、ピアスホールにピアスが埋まってしまうことがありますのでご注意ください。

軟骨・ボディピアス(トラガス・へリックス・へそなど)

当院では、軟骨ピアスの穴あけも行っています。
軟骨ピアスの場合、ニードル(針)を使用して穴あけを行います。
ニードルでの穴あけは、まわりの組織に鈍的な損傷を与えることなく穴あけが可能ですので、トラブルの可能性も低く、正確な位置での穴あけが可能です。
また、ニードルで穴あけをする場合、ご希望のピアス(チタン製か医療用ステンレスをおすすめします)があれば、ご持参いただければ、滅菌してそのピアスをファーストピアスとして使用することも可能です。
ニードルでの穴あけには局所麻酔を使用しますので、痛みはありません。

※鼻ピアス、舌ピアス、眉ピアスなどのボディピアスの施術は行っておりません。

ピアス

【軟骨・ボディピアスの開け方】

最初に局所麻酔を行います。
麻酔をする際は一瞬だけ針を刺す痛みがありますが、施術中に痛みを感じることはありません。
ニードルで穴を開けた後にファーストピアスを装着し、施術は完了です。
消毒方法などもご案内致しますので、指示に従ってご自宅でのアフターケアを行ってください。

【軟骨・ボディピアスの注意点】

■ボディピアスは耳たぶよりも感染を起こしやすく、こまめなケアが必要です。ご自宅でのアフターケアについては指示に従って行ってください。

■施術後に炎症が続いたり、患部が膿んだりする場合は、必ず当院までご連絡下さい。
そのまま長く放っておくと、腫瘤ができて手術が必要になったり、傷ができる可能性があります。

■ボディピアスのピアスホールが定着する期間は6~10か月程度が目安ですが、完全に定着するまでには個人差があります。ピアスホールが定着するまでファーストピアスは外さないでください。また、定着した後でもピアスを長期間外したままにするとピアスホールが狭くなったり、ふさがってしまうこともありますので、ピアスの交換はなるべく時間を置かずに素早く行ってください。

リスク・副作用

施術後、ピアスの穴が定着するまでは、ファーストピアスは外さないください。
また、当院で指導されたケアを行ってください。
必要なケアを怠ると、痛みや腫れ、出血、膿むなどのトラブルが起こる可能性があります。
ケアをしているのに上記のような症状が出た場合は、早急に当院までご連絡ください。
また、ピアスの穴が定着する期間には個人差があります。

ピアス(医療用ファーストピアス付)の料金表

種類 価格
片耳チタン ¥4,500
両耳チタン ¥8,000
チタン3個目から1ホールあたり ¥4,000
トラガス ¥20,000
へそ ¥20,000
ヘリックス、ロック、ルークなど ¥20,000

ページトップに戻る