プラズマヘアサイトプロ

プラズマヘアサイトプロ

プラズマヘアサイトプロとは

プラズマヘアサイトプロは、薬剤の浸透率を飛躍的高める効果が期待できる「プラズマシャワー」と、サイトプロシリーズから新たに開発されたヒト骨髄幹細胞由来のサイトカイン・成長因子を配合した「サイトプロ・ヘア」を融合させた、新しい毛髪再生プログラムです。
また、サイトプロ・ヘアはホームケア製品もあり、継続的かつ効果的に治療を行うことができます。

プラズマシャワーとは

プラズマシャワーは、プラズマの力を応用し皮膚、血液、表皮組織には衝撃を与えず、皮膚疾患の治療、滅菌、吸収性、皮膚の再生、抗色素沈着、皮膚の弾力性の向上に効果を発揮します。
それ以外にも皮膚細胞を結合している細胞接着分子(CAMs)を切断することで、薬剤を選ばず驚異的な浸透率を誇ります。
プラズマシャワーハンドピースは細菌を除去する効果があり、肌を減菌させつつ薬剤を浸透させていくので高い安全性があります。
この効果を活用し、プラズマシャワーを照射した直後に、新たに開発された「サイトプロ・ヘア」を塗布することで、今までにない薄毛治療を実現させます。

プラズマシャワーについて詳しくはこちら

サイトプロ・ヘアとは

サイトプロ・ヘアは、クリニックでの施術に使用する「サイトプロMDヘアマイクロニードリングソリューション」と、ホームケアで使用する「サイトプロホームヘアシステム」の組み合わせによる、新しい薄毛治療です。
細胞の修復と再生を司るヒト骨髄幹細胞由来のサイトカイン・成長因子を配合した製剤を塗布することで、髪の成長を促し、健康的で強い髪へと導きます。

サイトプロMD ヘア マイクロニードリングソリューション

クリニックでの施術用に開発された頭皮用トリートメント剤です。
ヒト骨髄幹細胞由来の、サイトカイン・成長因子を配合しています。毛包再生に必要とされているWnt-1a経路へのシグナル伝達を促す処方になっています。
その他にも、毛包の複製や再生に働きかける12種類のサイトカイン・成長因子が含まれています。
当院では、薬剤の浸透率を上げるプラズマシャワーの照射後に頭皮に塗布することで、より効率的に施術を行うことが可能になりました。

サイトプロMD ヘア マイクロニードリングソリューション

Wnt-1a経路とは?

毛包の新生・再生・複製に関わるとされている細胞伝達経路です。毛包サイクルにも働きかけることが分かっています。頭皮環境を整え、休止期から成長期への移行に働きかけます。

配合されている主要成分

  • ■Wnt経路強化ヒト骨髄幹細胞培養液
    毛包の再生に影響を与えるWntシグナルを強化したヒト骨髄幹細胞 培養液。頭皮環境を整え、休止期から成長期への移行に働きかけます。
  • ■ノギン(NOG)
    成長期へ誘導する際に必要となる 細胞シグナル。
  • ■インシュリン様成長因子(IGF-1)
    ヘアサイクルを正常に整え、毛根の 炎症をケア。毛髪のタンパク質を増加させ、髪質を向上させます。身体全体の若さをキープする重要な因子。
  • ■血管内皮細胞成長因子(VEGF)
    血管新生・毛乳頭の増殖に関わる成長因子。
  • ■線維芽細胞成長因子(FGF)
    成長期を誘発し、髪の成長に働きかけます。
  • ■コロニー刺激因子(CSF)
    免疫調整性のサイトカインで、細胞増殖と分化をコントロールします。毛髪成長の調整にも重要な役割を果たします。
  • ■ケラチノサイト成長因子(KGF)
    上皮細胞の増殖・分化に関与し、頭皮のバリア機能を高めます。髪の成長 に働きかけます。
  • ■エリスロポエチン (EPO)
    毛乳頭を刺激することで毛幹の成長と調節に関与する因子。

サイトプロホームヘアシステム

ホームケア専用の頭皮用トリートメント剤です。
クリニックでの施術・サイトプロMDヘアマイクロニードリングソリューションと併用することで、相乗効果が期待できます。
23種類の植物エキス配合の「サイトプロヘアポーリーボタニカル」とヒト骨髄幹細胞由来のサイトカイン・成長因子が配合された「サイトプロヘア SCS」のコンビネーションで、頭皮と髪を活性化し、ハリコシのある健康的な髪へ導きます。

サイトプロ ホームヘアシステム

サイトプロヘアポーリーボタニカル

髪の成長に働きかける植物エキスをたっぷり配合。アミノ酸やフラボノイドが髪の成長サイクルに最適な頭皮環境を整えます。

配合されている主要成分

  • ■植物エキス
    23種類もの植物エキスを独自ブレンド。健康的な強い髪をつくるための総体的なシグナルを高めます。炎症ケアにも◎。
  • ■L-カルニチン
    成長期の毛に供給されるエネルギーを増強するアミノ酸。毛包ケラチノサイトの増殖に関与し、頭皮をケアして、髪の成長に働きかけます。
  • ■カフェイン
    毛包を縮小するDHT(ジヒドロテス トステロン)に働きかけ、細胞増殖 に関与します。
  • ■バイカリン
    毛乳頭で髪の成長に関与する植物性フラボノイド。休止期から成長期への毛サイクルを速めます。
  • ■アデノシン
    毛乳頭の血管内皮細胞成長因子(VEGF)とケラチノサイト成長因子(KGF)に働きかけるヌクレオチド。髪を太く強くします。
  • ■クェルセチン
    植物性フラボノイドの抗酸化成分。強い炎症ケア特性があります。

使用方法

洗浄後の清潔な頭皮に使用します。適量を塗布し、一晩そのまま置きます。洗い流す必要はありません。塗布前後は、ヘアワックスやジェル、ヘアスプレーなどは使用しないでください。『サイトプロ ヘア SCS』と交互に、1 日おきに使用します。

サイトプロヘアSCS

Wnt経路強化ヒト骨髄幹細胞培養液に加えて、12種類のサイトカイン・成長因子を配合。
眠っている毛包幹細胞に働きかけます。

配合されている主要成分

  • ■Wnt経路強化ヒト骨髄幹細胞培養液
    毛包の再生に影響を与えるWntシグナルを強化したヒト骨髄幹細胞 培養液。頭皮環境を整え、休止期か ら成長期への移行に働きかけます。
  • ■インシュリン様成長因子(IGF-1)
    ヘアサイクルを正常に整え、毛根の炎症をケア。毛髪のタンパク質を増加させ、髪質を向上させます。身体全体の若さをキープする重要な因子。
  • ■線維芽細胞成長因子(FGF)
    成長期を誘発し、髪の成長に働きかけます。
  • ■ケラチノサイト成長因子(KGF)
    上皮細胞の増殖・分化に関与し、頭皮 のバリア機能を高めます。髪の成長 に働きかけます。
  • ■ノギン(NOG)
    成長期へ誘導する際に必要となる細胞シグナル。
  • ■血管内皮細胞成長因子(VEGF)
    血管新生・毛乳頭の増殖に関わる成長因子。

使用方法

洗浄後の清潔な頭皮に使用します。適量を塗布し、ニードルトリートメントをします。その後、再度適量を塗布し、一晩そのまま置きます。洗い流す必要はありません。塗布前後は、ヘアワックスやジェル、ヘアスプレーなどは使用しないでください。

マイクロニードルローラー

マイクロニードルローラーとの併用をおすすめします
SCSを使用する前に、気になる部分にニードルローラーを当て、コロコロと転がします。微細な穴を開けることで、より効果的に薬剤を浸透させることができます。

使用スケジュール

ポーリーボタニカルとSCSを、1日おき交互に使用します。

スケジュール 使用製品
1日目 ポーリーボタニカル
2日目 SCS(+マイクロニードルローラー)
3日目 ポーリーボタニカル
4日目 SCS(+マイクロニードルローラー)
5日目 ポーリーボタニカル
6日目 予備日
7日目 予備日

ポーリーボタニカルは週3回:CSは週2回の頻度で使用します。
上記日程はあくまで目安ですので、毎週必ず同じ曜日で行う必要はありません。

サイトプロ ホームヘアシステムは当院オンラインショップでもご購入が可能です。 ご購入はこちら

施術の流れ

 

■ 施術当日
治療当日は、頭皮および毛髪を洗浄し、整髪料などは使用せず清浄な状態でご来院ください。

 

■ カウンセリング
医師とのカウンセリングで、現在の髪の状態や気になっている部分、悩みや疑問、質問などお気軽にご相談ください。

 

■ 施術
プラズマシャワーを照射後に薬剤を塗布します。

 

■ 施術後の注意点
薬剤の浸透を妨げないように、施術後24時間は洗髪およびスタイリング剤のご使用はお控えください。

【治療回数の目安】

2週間に1回の治療を6回が治療の目安となります。
また、ホームケア用のサイトプロMDホームヘアシステムを併用するとさらに効果的です。

リスク・副作用

まれに赤みが出る場合があります。

この治療は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。
個人輸入において注意すべき医薬品等について詳しくはこちらをご覧ください。

DR.CYJ ヘアフィラーの施術料金

プラズマヘアサイトプロ 6回 ¥180,000
サイトプロMD ホームヘアシステム 1箱 (約4週間分) ¥25,000

ページトップに戻る