スプリングスレッド

スプリングスレッド

スプリングスレッドとは

糸拡大写真

スプリングスレッドとは、従来のリフトアップ用糸に比べ柔軟性と伸縮性を持つ糸で、1cmの間に24個もの突起がついているために、しっかりとした支持力を持ちます。
耐性にも優れるので、糸が切れたり裂けたりということがありません。
お顔の動きに合わせて糸が伸縮するので、過剰な力が加わらず、痛みや違和感が少ないだけでなく、緩みにくいという特徴を持ちます。

スレッド画像

従来の糸は伸び縮みしないため、口周りなどのよく動かす部分には使用できず、もし仮に口周りに入れたとしても、顔は動くのに糸は動かないために緩みやすいという欠点がありました。

お顔とともに動くことにより、色々な意味での違和感が解消され、自然で効果的な糸の治療が可能となりました。

糸や突起は、ポリエステルとシリコンという非吸収性の素材でできていますが、不活性物質であり、完全な生体適合性を持つため、50年以上にわたって使用されていますので、安心です。

スプリングスレッドの特徴

◎自然な表情を損なわない伸縮糸
糸は柔軟性と伸縮性を持つシリコン製なので、不自然な引き連れを起こすことがありません。従来の糸に比べて、口周りなどの良く動く部分にも使用可能で、筋肉の動きと共に動くため、時間がたっても糸の緩みがおきずしっかりと効果を発揮します。
◎持続性

糸は吸収されないため、他の施術に比べて長期間効果が持続します(3年以上)

◎強力な引き上げ力
外周に突起(コグ)が4方向に1cmあたり24個という非常に狭い間隔でびっしりとついていて、従来のフェザーリフトよりも優れた引きあげ効果を発揮します。

こんな方にお勧め

糸を挿入する箇所・フェイスラインのたるみをしっかりと引き上げたい方
・中顔面のたるみが気になる方

スプリングスレッド施術の流れ

 

カウンセリング
たるみの状態を確認し、どのように引き上げていくのか、何本くらい入れる必要があるかを相談します。

 

マーキング
糸を正確にいれていくために、マーキングを行いデザインしていきます。
もみあげ付近を少し剃毛します。

 

局所麻酔
局所麻酔を糸の通る道に注射します。静脈麻酔を併用しますので、局所麻酔の痛みもありません。

 

施術
スプリングスレッドを、皮下に挿入していきます。
左右のバランス、引き上げ加減などを起き上がって調節します。

 

施術後
術後1週間後、抜糸を兼ねた検診をお受けください。



スプリングスレッドの症例写真

症例1

施術前 → 施術1ヶ月後

施術後1ヶ月


症例2

施術前 → 施術2ヶ月後

施術後2ヶ月


症例3

施術前 → 施術4ヶ月後

施術後4ヶ月

その他のスプリングスレッドの症例写真はこちら

スプリングスレッドの料金表

部位 価格
スプリングスレッド 2本 ¥160,000
4本 ¥300,000
6本 ¥400,000
8本 ¥500,000

ページトップに戻る