CDトレチノイン・ハイドロキノン療法

CDトレチノイン・ハイドロキノン療法

CDトレチノイン

CDトレチノインとはシクロデキストリン包接トレチノインのことです。

トレチノインには、

  • メラニンの排出を促すことでしみを改善
  • コラーゲンやヒアルロン酸の分泌を高めて肌のハリや小じわを改善
  • 皮脂の分泌を抑えることでニキビにも効果的
などの作用があります。

通常トレチノインには、使用中の刺激症状・皮むけ・赤味などの症状が強く出現しますが、CDトレチノインはそういった症状を緩和させた薬剤です。
ハイドロキノンはメラニン抑制作用の強い、漂白剤とも呼ばれる美白剤です。
トレチノインと併用することにより、美白作用の相乗効果が期待できます。

商品と使用法

商品名 容量 定価(税抜)
0.025% CDトレチノインエッセンス 20ml ¥ 6,500
0.05% CDトレチノインエッセンス 20ml ¥ 8,000
0.05% CDトレチノインクリーム 5g ¥ 3,000
ハイドロキノン ツインエッセンス 15ml×2 ¥ 7,000
ハイドロキノン ナノHQクリーム 5g ¥ 2,000

CDトレチノインエッセンスは、1日2回、朝晩の化粧水とクリームの間にお使いください。
ハイドロキノンツインエッセンスは、CDトレチノインエッセンスのご使用後、お顔全体にお使いください。
クリームは気になるシミの部分のみへのポイント使用をおすすめします。
CDトレチノインもHQもポイントで使用される場合はクリームをおすすめします。
クリームの場合は、お顔全体のスキンケアの1番最後に、CDトレチノインクリーム、HQクリームの順に、お使いください。

注意事項

刺激を緩和させた薬剤ではありますが、紅斑や皮むけが生じることもあります。
その場合は、使用頻度を少なくしていただいて、保湿するようにしてください。
肌が慣れると、落ち着いていきます。
また、濃度の高いものほどそういった症状が出やすいので、濃度の低いものから始めていただいて、慣れたらステップアップされるのをおすすめします。
HQにはまれに、かぶれ・アレルギーが起こることがあります。二の腕の内側や首元で、紅斑や痒みなどが出ないかパッチテストされるのをおすすめします。
約8週間のCDトレチノインご使用の後は、1ヶ月の休薬期間をおき、ハイドロキノンのみのご使用となります。休薬期間をおいた後は、また同様に定期的なクールを始めていただくか、ハイドロキノンのみやその他のエンビロン等ビタミンAスキンケアでの維持をおすすめします。

リスク・副作用

まれにかぶれや紅斑、皮むけが生じる場合があります。

ページトップに戻る