肝斑ピール(リバースピール)

肝斑ピール(リバースピール

肝斑ピール(リバースピール)とは

肝斑ピール(リバースピール)は、肝斑・色素沈着に特化したピーリング治療です。肝斑の治療は、主にレーザーなどを用いて行うことがほとんどですが、肝斑そのものが何らかの炎症で起きている色素沈着と言われており、レーザー治療では刺激が強く、かえって炎症を起こしてしまい、肝斑が悪化してしまうこともあります。


肝斑ピール(リバースピール)は、ケミカルピーリングを利用して、真皮の奥から色素沈着を改善する新しい治療法です。 肝斑改善を考慮した薬剤で、長年の炎症や刺激などで肌の奥深くに蓄積されてしまったメラニン色素を、肌への影響を抑えつつ改善させていきます。

「肝斑治療」に特化した薬剤

肝斑ピール(リバースピール)は、3種類の薬液を使い、真皮層~表皮深部~表皮外層と肌の深さに浸透させていきます。通常のケミカルピーリングのように治療後に皮膚が剥けることがなく、肝斑や慢性的な色素沈着の治療に高い効果を発揮します。

インプレッシブPPTセラムSS

RsP1 (真皮層)

肝斑ピール(リバースピール)の第1薬剤です。 主成分であるTCA(トリクロロ酢酸)、過酸化水素、コウジ酸を真皮層まで浸透させます。 TCAと過酸化水素による活性効果と、コウジ酸によるメラニン抑制・抗炎症・抗糖化などが期待できます。

インプレッシブPPTセラムSS

RsP2 (表皮中~深層)

肝斑ピール(リバースピール)の第2薬剤です。 高濃度の乳酸(78%)で表皮のピーリングを行い、表皮深部に存在するメラニンを除去します。 また、フィチン酸はメラニン生成に関係のある鉄(Fe)をキレートする作用があります。

インプレッシブPPTセラムSS

RsP3 (表皮浅~中層)

肝斑ピール(リバースピール)の第3薬剤です。 表皮の外、不必要な角質を除去するため、様々なヒドロキシ酸(グリコール酸 20%、マンデル酸 20%、サリチル酸 10%)がバランスよく配合されています。肌表面を滑らかにし、さらに効果を高めていきます。

肝斑ピール(リバースピール)施術の流れ

 

カウンセリング
お客様のお肌や、体調、お悩みについて詳しくカウンセリングさせていただきます。

 

クレンジング
メイク汚れ、皮脂、不純物を取り除きます。肝斑の方は顔を強くこすらないようご注意ください。

 

施術
薬剤を塗布し、しっかりとなじませていきます。
薬剤は 1→2→3 のステップで、順番に塗布していきます。肌の状態を確認しながら薬剤をしっかり浸透させていきます。 痛みや違和感などがあればお声がけください。

※肌の赤みや強い痛みが早い段階で出た場合、薬剤を3番まで使わずに施術を終了することがあります。

 

アフターケア
専用の美容液「リバースセラム」を塗布します。
このセラムは、ホームケアとしてもお使いいただけます。施術直後から日焼け止め・メイクが可能です。 肝斑ピールは1回の施術で劇的な効果が現れるのではなく、回数を重ねることでゆっくりと症状を改善させていきます。 その為、2週間に1回~ を5回程度続けての施術をおすすめしています。

禁忌および注意点

【禁忌の方】

■ 皮膚に炎症がある
■ 皮疹またはヘルペスのある方
■ 脂漏性皮膚炎症を起こしている方
■ アトピー性皮膚炎がある方
■ 化粧品などでアレルギーをお持ちの方
■ 妊娠・授乳中の方

【注意が必要な場合】

■ トレチノイン治療をしている方
(肝斑ピールを始める2週間前に治療を中止する)
■ アートメイクをされている方
(アートメイクをしている箇所は避けて施術をする)

リスク・副作用

肝斑ピール(リバースピール)は、3種類の薬液を使い、真皮層~表皮深部~表皮外層と肌の深さに浸透させていきます。通常のケミカルピーリングのように治療後に皮膚が剥けることがなく、肝斑や慢性的な色素沈着の治療に高い効果を発揮します。

この治療は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。
個人輸入において注意すべき医薬品等について詳しくはこちらをご覧ください。

肝斑ピール(リバースピール)の料金表

コース 回数 価格
肝斑ピール(リバースピール)
肝斑部分のみ
1回 ¥18,000
5回コース ¥75,000
マッサージピール +
肝斑ピール(リバースピール)
1回 ¥30,000
5回コース ¥120,000

ページトップに戻る