ホルモン薬(スピロノラクトン)

治りにくり女性の大人ニキビを改善!ニキビ ホルモン治療薬 スピロノラクトン

ホルモン治療薬(スピロノラクトン)とは

スピロノラクトンは、長年高血圧治療に用いられていたお薬で、非常に高い利尿効果があります。
この利尿効果とは別に、男性ホルモン(アンドロゲン)の働きを抑える作用が認められており、この作用により大人ニキビを改善していきます。
服用にあたり、いくつかの注意点がありますが、ニキビに対する効果は非常に高く、服用の中止後もリバウンドが起きにくいと言われています。

こんな方におすすめ

【ホルモン治療薬の適応となる方】

・成人女性で大人ニキビにお悩みの方
・弱い〜中程度の多毛を伴う方
・他のニキビ治療で効果が得られなかった方
・ニキビが成人してから始まった、もしくは悪化した方

・顔面の皮脂分泌が多い方
・あご~首にかけて炎症性のニキビがある方
・背中や胸など広範囲にニキビがある方
・月経不順がある方

服用できない方

【内服できない方】

・過去にスピロノラクトンで問題があった方
・無尿または急性腎不全の方
・高カリウム血症の方
・アジソン病(副腎不全)の方
・タクロリムス(商品名:プログラフ)・ミトタン(商品名:オペプリム)・エプレレノンセララを投与されている方

・心疾患や動脈硬化症のある方
・腎障害のある方
・減塩療法をされている方
・肝障害・肝腫瘍がある方
・妊娠中・授乳中の方

服用時の注意点

  • 不整脈・胸痛・全身倦怠感・脱力(電解質異常)・尿量減少・手足や顔のむくみ・頭痛(急性腎不全)などの症状が出現したら使用を中止し、受診してください。
  • 血圧が下がり、めまい・ふらつき等が現れることがありますので、車の運転や高所での作業、危険を伴う機械操作などには十分ご注意ください。
  • 無月経が続く場合があります。生理不順を起こさずに治療をご希望される場合は、低用量ピルとの併用をおすすめしていますので、一度医師にご相談ください。

考えられる副作用

一般的な副作用

乳房痛・低血圧・頻尿・生理不順・不正器出血・うつなど

重大な副作用

◎電解質異(高カリウム血症・低ナトリウム血症・代謝性アシドーシスなど)
症状不整脈・胸痛・全身倦怠感・脱力・吐き気など
◎急性腎不全
症状尿量減少・手足や顔のむくみ・頭痛など

皮膚科的な副作用

肝斑・多毛・発疹など

服用方法

服用を開始する際のニキビの状態により、1日100mg(朝1錠 : 夕1錠)か、150mg(朝2錠 : 夕1錠)を目安にスタートします。新しくニキビができなくなってから4週間ほどしたら、服用量を減らしていきます。
飲み始めから減量できるまでの期間は、およそ2~3ヶ月程度です。

服用から1ヶ月経過しても、症状が改善されない場合は最大で200mg(朝2錠 : 夕2錠)に増量することがあります。
新しくニキビができなくなってから4週間ほどしたら、服用量を200mg(朝2錠 : 夕2錠)→150mg(朝2錠 : 夕1錠)→100mg(朝1錠 : 夕1錠)→50mg(朝1錠のみ)と、1ヶ月を目安に徐々に減量していきます。

※初回の診察時に血液検査を受けて頂くことがございます。

スピロノラクトンのよくある質問

薬を飲む時に気を付けることはありますか?
万が一、不整脈、動悸、胸痛、全身倦怠感、脱力感、尿量減少、手足や顔のむくみ、頭痛などの症状が出現したら使用を中止し、受診してください。
内服開始後、10~15日目頃から全身に赤い斑点が出現することがあります。
薬疹(薬アレルギー)ですので、ただちに内服を中止し受診して下さい。
薬を飲み忘れた時はどうしたらいいですか?
次の服用分から1回分を内服してください。2回分を一度に飲まないでください。
利尿剤ですが、尿に行く回数は増えませんか?
尿量・尿に行く回数とも増えないことがほとんどです。

スピロノラクトンの料金表

種類 価格
1錠(50mg) ¥100
1日:50mg / 28日分 ¥2,800
1日:100mg / 28日分 ¥5,600
1日:150mg / 28日分 ¥8,400
1日:200mg / 28日分 ¥11,200

ページトップに戻る